本文へ移動
2020年より小学校で英語教育が「外国語」としてスタートします!
 
色々な疑問や不安・内容などをまとめてみました!
 
Q1 今までも小学校で英語をやっていましたよね?
A  今までは、「外国語活動」として扱っていたので、教科ではありませんでした。2020年度からは英語を教科として学びます。学習指導要領の改訂によって、
 
このように変化します。
Q2 教科になると何が変わりますか?
A  習得する内容が明示され、成績もつけられます。今までは「聞く」「話す」が中心でしたが、今後はさらに「読む」「書く」ことも始まります。よって、中学へつながる学習となります。
 
 
Q3 単語もたくさん覚えなければいけないのですか?
A  3年生から6年生までの4年間で、約600~700語程度を扱います。多いように感じますが、小学校で習う単語は、身近な物や実際の会話で使うものが中心となります。例えば、月・曜日・職業を表す語・数やその数え方・自分の事を伝える会話などが中心です。どれもコミュニケーションを基本とするものになります。
 
 
Q4 小学校で文法も覚えるのですか?
A  文法中心の中学・高校の英語とは趣が異なり、小学校の英語では、日常生活に関わる言葉(挨拶・買い物・コミュニケーション・お礼・謝る等)を中心に行い、表現を身に付ける学習となります。
 
 
Q5 小学英語はどれくらい勉強するのですか?
A  週に2コマ程度です。ただし、2020年に向けて少しずつ増やしていきます。
2018年・2019年に移行措置期間が設けられています。
 
<クリックで拡大します。>
Q6 中学英語に影響はありますか?
A  中学校の英語ももちろんレベルアップします。中学3年間で扱う単語の数が約1200語だったのに対し、新学習指導要領では約2500語となります。さらに、高校で習っていた現在完了進行形や仮定法も中学校で扱うようになります。
 
 
Q7 教科書はどうなりますか?
A  5,6年生では、これまでは「Hi,friends!」というテキストでしたが、教科としての英語スタートに合わせて「We Can!」というテキストに替わります。ただし、移行措置期間中は自治体ごとに違いがあるそうです。
 
 
Q8 どうして英語教育に力を入れるのですか?
A  近年、多くの外国人が日本に訪れており、海外の人と接する機会が増えています。インターネットやSNSでも様々な国の人とコミュニケーションをとることが自然なことになってきています。日本では今後、少子高齢化が進み、外国人労働者の受け入れや海外ビジネスへの展開など、社会構造が変化しつつあります。
 このような状況の中で、実質的な世界共通言語ともいえる英語をしっかりと使える力をつけていく必要性があるため、英語に大きな改革が行われるのです。
 
 
 以上を踏まえ、育英館としても今後の英語教育に力を入れていき、小学部英語科の授業をより広く推進すべきと考えております。
 移行措置期間中の実施内容は、各自治体によって委ねられているため、加須・羽生地区が必ずしもこの通りとは限りません。
 
 他の地域に負けないためにも、早めの対応が必要です!
 
育英館予備校
〒347-0054
埼玉県加須市不動岡1-4-4
TEL. 0480-61-4874
FAX. 0480-61-3711
教育・学習塾・予備校
0
2
7
3
6
9
2020年11月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
TOPへ戻る